吉川 弘文 館。 街道の日本史(吉川弘文館)全56冊

吉川弘文館とは

外戚の地位を確固とし、穏やかな政治手法は華やかな宮廷文化を育み、また幸運な環境にも恵まれ、人と争うことなく順調な生涯を送った。 『国民の歴史7 源平の相剋』 文英堂、1968年• 『戦国戦記 4 長篠の戦』春秋社、1960年• 仏教・儒教・道教・キリスト教や様々な民間信仰をとりあげ、伝播の衝撃や受容の実態などを明らかにし、その歴史的意義を考える。 また、石井進(中世史専攻、東大名誉教授)は「国家成立過程における神社の意義」(高柳光寿史学論文集上、吉川弘文館、1970年所収)を読んで諏訪大社や信仰に興味を持った(石井進著作集第5巻)など、後進に与えた影響は大きく広い。

神田千里

『御堂関白記』をはじめとする日記や『栄花物語』『大鏡』を比較し、道長ら公卿たちの内面に迫りながら、その傑出した実像を描く。 『と地頭』 、1964年• 近代国家の展開に共振する学問史を洞察し、新たな日本宗教史研究の地平をめざす。

11

安田元久

戦後には、古代史から近現代史までの多数の研究書に加え、、、、、、・等の書籍を出版しており、日本史関連の大半の学者が著書・編著を刊行している。

街道の日本史(吉川弘文館)全56冊

本書では、彰子に仕えた紫式部や和泉式部をはじめとする才媛の日記や文学資料を織り交ぜながら、丹念に資料を読み解き彰子の生涯を描く。 『中世荘園公領制と流通』(岩田書院、2009年)• 史料の採用については、同じ國學院大教授のよりもシビアであり、軍記物などは積極的に排除する傾向がみられる。

香川県立図書館デジタルライブラリー | 四国遍路 | 絵図

は「日本における図書館の濫觴なり」と称賛している(明治9年11月火災により閉鎖する)。 経済・文化・外交的側面も視野に入れ、社会変動期であった戦国の特質に迫る。 、を創設し、初代会長に就任。

4

峰岸純夫

『』、1955年• このような研究により、戦国史の・と評され、現在においても多大な影響を残している。 卒業論文は麓の用水遺構である「」に関する研究で、さらにや研究を通じた中世東国史研究を行う。

10

神田千里

2rem;margin-bottom:10px;line-height:1. 『新田義貞』(吉川弘文館、2005年)• 成蹊大学非常勤講師・博士(文学)。 『戦国武将・合戦事典』(編著、編、吉川弘文館、2005年)• 明治3年()京橋南伝馬町(現在の一丁目)の表通りに新店舗(吉川書房)を開く。 本シリーズでは街道沿いの地域にまつわる様々な伝統、伝説、文化、生活、歴史を 都道府県別に解説しています。

14

高柳光寿

1989年東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程修了。 なお・美術関連書も少数だが、数十冊出版されている。 『民衆の導師 蓮如 日本の名僧13』吉川弘文館、2004年• 昨今の研究潮流として、地域研究が挙げられる。

18

神田千里

『戦国対談』春秋社、1977年 新書戦国戦記 10• 昨今の研究潮流として、地域研究が挙げられる。

14