コロナ収束して欲しくない。 新型コロナ「今後も収束することはない」と医師が主張するワケ

新型コロナ「今後も収束することはない」と医師が主張するワケ

そして、さらに悪いシナリオとして考えられるのは、免疫の減弱化や不成立などによって集団免疫が獲得困難なケースだ。

3

国会クラスター「Zoom」で回避案浮上! 識者「コロナ収束までに限定で試みてもいい」

人間の思議の及ばないところを密という…」(第6版)と解説されている。

7

コロナの言葉:感染は「収束」か「終息」か、はまった官製語「3密」

カタカナ語の効用 「ロックダウン」(都市封鎖)、「オーバーシュート」(感染爆発)、「クラスター」(集団感染)…。 「東京アラート」というバタ臭い言葉も大阪・通天閣の電飾と比べればずっと都会的だし、「夜の街」は職業差別や偏見を伴う微妙なニュアンスを丸めて消したし、「ウィズコロナ」は「不便な日常を甘受してそれぞれ工夫せよ」という道徳教育を施した。

13

新型コロナの収束シナリオとその後の世界(3)収束まで「3年から5年」が現実か:日経バイオテクONLINE

「社交的距離」、あるいは「対人距離」くらいだろうか。 医療崩壊寸前、ないしは現場によってはもう医療崩壊が起きているということで、昨年のパンデミック以降の最大の危機を迎えていたわけです。 多くの人が新型コロナの免疫を持つことで収束 終息 するなら、元気な人はどんどんかかった方が良いという考え方もできなくはないですが、 収束 終息 が早い方が良いけれども重症者をできるだけ少なくする、 つまり 「早くすること」も大事ですが「ダメージを少なくすること」も大事 なのです。

10

「コロナの本当の収束」想定しうる妥当シナリオ

自分の言葉らしくないからだ。 現状では物理的に集まることを『出席』と解釈しており、ビデオ会議は難しい。 2つ目の理由として、「仕事とは電車で通勤して会社でするもの」という感覚が今も日本人の中に根強く残っていることが挙げられます。

13

9割の企業は「コロナ収束後は原則全員出社」…働き方のニューノーマルは幻想か オンライン嫌いの経営陣が多すぎる

それは、危機感を刺激し、政府の尻をたたいた。 非常事態という切迫感をあおり、日本人にも強いムラ社会由来の「同調圧力」「相互監視」にスイッチを入れた。

12