明智 光秀 生き てい た。 明智光秀は生きていた!? 天海に転身?それとも・・・

明智光秀は生きていた!?「かごめかごめ」に隠された南光坊天海の正体

このように光秀の家系図は、一致する部分とそうでない部分があります。 坂本城跡(滋賀県大津市) 今日は何の日 天正10年6月13日 明智光秀が落武者狩りに遭い死亡 天正10年6月13日 1582年7月2日 、明智光秀が山崎の合戦で羽柴秀吉に敗れ、その夜、坂本城を目指す途中で落武者狩りに討たれました。

14

明智光秀は生きていた!?「かごめかごめ」に隠された南光坊天海の正体

また、光秀の妻は明智光綱の妹とされ、最初の妻が亡くなると次も明智光綱の妹を娶ったそうです。 山崎の戦いの後、堺に隠れて千利休に変身したとされています。

18

明智光秀は生きていた?あながちデタラメでもない光秀=天海説

NHKの大河ドラマでは、光秀に側室がいないことになっているように、二人の夫婦仲は良かったと伝えられています。 信長よりも、どうみても6歳以上年上ですが、激務につぐ激務が続いていました。

3

明智光秀が「山崎の戦い」以降も生きていたという伝説は本当か?|@DIME アットダイム

江戸時代は1603年から1868年の265年。 山崎の合戦で敗れ、坂本城へと逃走途中、光秀が落武者狩りに襲われて死んだことは通説となっています。

15

明智光秀生存伝説~ほんとうに小栗栖で死んだのか

中国地方平定後に九州攻めが始まれば、光秀はその方面軍司令官になる可能性が高かった。

18

明智光秀は生きていた!? 天海に転身?それとも・・・

もし、 明智光秀が生きていると知れた場合は再び命を狙われることとなってしまうためです。 進士藤延の父は 進士晴舎(しんじ はるいえ)といい、進士氏は代々足利将軍家の奉公衆を務めた家柄だと云います。 もしかしたら本当に同一人物なのでは?と信じてみたくなる奇妙な一致や偶然が、いくつか見て取れるのです。

6

明智光秀は生きていたのでは?

一方の 明智光秀は、人質となっていた母親を救うことを織田信長に許可されず、殺されてしまったのです。

進士藤延として明智光秀は生きた!?とする説

簡単に紹介すると、 ・ 生年は1510年、1530年、1536年、1542年、1554年など様々な説がある ・ 明らかな足跡は1588年(天正16年。 苦労が多かった光秀は、ノイローゼ気味だったのでしょうか。 ところがじきに奇妙なうわさが流れます。

6