中小 企業 等 事業 再 構築 促進 事業。 【令和2年度第3次補正予算】中⼩企業等事業再構築促進事業【補助金・助成金】

中小企業庁:令和2年度第3次補正予算「中小企業等事業再構築促進事業」に係る基金設置法人及び事務局の公募について

飲食店での活用イメージ ではここからは、飲食店における事業再構築補助金の活用法のイメージを具体的に解説していきましょう。 Q33.認定経営革新等支援機関や金融機関は、事業所の所在地域にある機関でなければならないのか。

16

中小企業事業再構築促進事業 新たな挑戦を支援

具体的な審査項目は公募要領に掲載予定です。 本事業では、中小企業等と認定支援機関や金融機関が共同で事業計画を策定し、両者が連携し一体となって取り組む事業再構築を支援します。 建設業:自社所有地を利用し、オートキャンプ場を整備し、観光事業を開始。

「事業再構築補助金(一般枠・特別枠)」について

1は、観光業界はコロナにより最も打撃を受けた業界の一つですので対象となる施設、企業様は多いと思います。 事業再構築補助金、個人事業主も対象 補助となる企業は次の通りです。

17

「事業再構築補助金(一般枠・特別枠)」について

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、二度目の緊急事態宣言が発令されるなど、飲食店をはじめ多くの企業が動揺している現状です。 本発表資料のお問い合わせ先 中小企業庁経営支援部技術・経営革新課長 横田 担当者: 佐伯、津田、飯沼 電話:03-3501-1511 内線 5351 03-3501-1816 直通 FAX:03-3501-7170. 卸売業:資本金1億円以下 又は 従業者数100人以下の会社及び個人• ことなども考えられます。 医療現場や、介護施設、公共空間の設備等向けにサービスの展開を予定している。

11

中小企業庁:令和2年度第3次補正予算「中小企業等事業再構築促進事業」に係る基金設置法人及び事務局の公募について

飲食店は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受け、今後の経営が見通せないという店舗も少なくないでしょう。

1

中小企業等事業再構築促進事業に関するQ&Aの解説

認定支援機関に相談できる課題 GビズID紹介動画(アカウント作成編) 参考 GビズIDでログインして活動レポート(ローカルベンチマーク)へアクセス ローカルベンチマークは、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)として、企業の経営者等や金融機関・支援機関等が、企業の状態を把握し、双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるものです。 対象は、以下の要件をすべて満たす企業・団体等となる。 現在、事業再構築補助金は公募前のため、情報が入り次第、順次更新を予定します。

2

中小企業の思いきった事業再構築を支援「最大1億円」【中小企業庁】

飲食店の経営者の方々は、国や自治体の情報をいち早くキャッチし、受けられる支援は色々と受けるよう動いていくとよいでしょう。 そこで今回は、「 事業再構築補助金」について考えていきたいと思います。 自社の強みやヒト、モノなどの経営資源を活かしつつ、経産省が示す「事業再構築指針」に沿った事業計画を認定支援機関や金融機関とつくる中小企業など 経産省は「小規模事業者や個人事業主も対象となる」と回答しています。

12

「中小企業等事業再構築促進補助金」のご紹介です!

結論から述べると、原則として、同一の事業や機械装置等に対して、複数の国の補助金を受給することはできないとされています。 0% 以上増加の達成• 今後、公募要領等で詳細を公表いたします。

1