雪 の いと 高 う 降り たる を 現代 語 訳。 『枕草子』の「雪のいと高う降りたるを」の段で、

『枕草子』の「雪のいと高う降りたるを」の段で、

どっちとも取れるように訳しておいたつもりです。 他の女房も白居易は知っていましたが、 それを行動で表すという対応は思いつきませんでした。 人々も「さることは知り、歌などにさへ歌へど、思ひこそよらざりつれ。

3

枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

女だけではそんな風に夜を明かすことはできないでしょう。 (私(作者)が女房に)御格子を上げさせて、御簾を高く上げたところ、(中宮定子が)お笑いになる。 」と仰せらるれば、 語句 少納言よ(清少納言のこと) 香炉峰の雪(漢文の白居易の詩の一節で雪をすだれを上げて見るというエピソードにかけて質問している) いかならむ(どうであろうか) 仰せ(おっしゃる。

20

雪のいと高う降りたるを 現代語訳・品詞分解・原文

円座(わらふだ)ばかりさし出でたれど、片つ方の足は下ながらあるに、鐘の音なども聞ゆるまで、内にも外にも、この言ふ事は、飽かずぞおぼゆる。 さて、雪は古代の人の心も動かしていました。

3

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳 雪のいと高う降りたるを、 語句 いと(たいそう) 雪がたいそう深く降り積もっているのに 例ならず御格子まゐりて、炭櫃に火おこして、 語句 例ならず(いつになく) いつになく御格子をお下ろししたままで、炭櫃に火を起こして 物語などして集まりさぶらふに、 語句 さぶらふ(お仕えする。 円座(ざぶとん)を差し出したけれど、一方の足を地面に下ろしたままで、鐘の音などが聞こえる頃まで、部屋の中でも外でも、こうして話し合っている事には、飽きるということがないように思われた。 初雪です。

「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳

やはり、この中宮定子様に(お仕えする人として)は、ふさわしい人であるようだ。

12

雪のいと高う降りたるをの現代語訳を教えてください!雪のいと高う降りたる...

定子様も、それを知っていて、 「外の雪景色が見たいわ」と直接言うのではなく、 暗に自分の意志を伝えたのです。 」と言う。 advanced Q. 」と、仰せらるれば、御格子上げさせて、 C 御簾を高く上げたれば、 aQ. 「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 雪のいと高う降り たるを、 例 なら ず 御格子(みかうし)まゐりて、 たる=存続の助動詞「たり」の連体形、接続は連用形 例=名詞、ふつう なら=断定の助動詞「なり」の未然形、接続は体言・連体形 ず=打消しの助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 御格子まゐりて=のちに「御格子上げさせて」とあるので、「御格子をおろして」と訳す 雪がたいそう高く降り積もっているに、いつもとは違って、御格子をおろして 炭櫃(すびつ)に火おこして、 物語などして集まり さぶらふに、 物語=名詞、話すこと、話 さぶらふ=ハ行四段、謙譲語、(貴人のそばに)お仕えする、お仕え申し上げる。

9

枕草子『雪のいと高う降りたるを』現代語訳

座布団を差し出しても、片足は外に垂らしたまま縁側に腰掛けていて、夜明けの鐘の音なども聞こえるまで話す、 こういうお喋りは部屋の内でも外でも飽きることがないわ。 」と言ふ。 その人が、まだ暗い夜明け前に帰ると言って、「雪、なにの山に満てり」と吟唱したのは非常に風情があるものね。

12

雪のいと高う降りたるをの現代語訳を教えてください!雪のいと高う降りたる...

女房達も、「そのような漢詩(白居易の「香炉峰下~」の漢詩)は知っており、歌などにまで歌うけれども、(御簾をまき上げる動作でお答えするということは)思いつきませんでした。 かく、折にあひたる事なむ、言ひ難き」とぞ、仰せられける。 『枕草子』「雪のいと高う降りたるを」の用言と助動詞の品詞と活用形! 「雪のいと高う降りたるを」の用言と助動詞は、以下の赤字部分です。

7