源氏 物語 葵 現代 語 訳。 GENJI

源氏物語『葵(葵の上と物の怪)』現代語訳(1)(2)

たしかにのたまへ。 コメントありがとうございます!! >毎度こちらの品詞分解、現代語訳活用させて頂いております。

源氏物語~葵~

源氏に 御禊 ( みそぎ )の日の車の場所争いを詳しく告げた人があったので、源氏は 御息所 ( みやすどころ )に同情して葵夫人の態度を飽き足らず思った。

14

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 葵

すぐれている。 大臣はやっとものを言い出した。 こちらこそご覧いただきありがとうございます。

8

源氏物語『葵』解説・品詞分解(1)

お返歌は、 「 新しき年ともいはずふるものはふりぬる人の涙なりけり (新年になったとは申しても降りそそぐものは、老母の涙でございます)」 並々なお悲しみであるはずはないことだ。 36 柏 木• 物思いは御息所の病をますます 昂 ( こう )じさせた。

13

『源氏物語』の“葵”の現代語訳:9

源氏からも始終見舞いの手紙は来るが、愛する妻の容体の悪さは、自分でこの人を訪ねて来ることなどをできなくしているようであった。 40 御 法• 君も並々の方とは思っていらっしゃらなかったので、残念だとはお思いになるが、目下は他の女性にお心を分ける間もなくて、 「どうして。 いみじき験者どもにも従はず、執念きけしき、おぼろけのものにあらずと見えたり。

20

葵(大島本)

今はそんなふうに苦しんでいても。 仕うまつる・・・してさしあげる。

20

源氏物語『葵』解説・品詞分解(1)

おりおりは音楽の会などを世間の評判になるほど 派手 ( はで )にあそばして、院の陛下の御生活はきわめて御幸福なものであった。 」と、寝ても起きても悩んでおられるせいか、魂も浮いたようにお感じになられて、具合が悪くていらっしゃる。

13