イアン ミッチェル。 イアン・ミッチェル

英ポップバンド「ベイ・シティ・ローラーズ」元メンバーのイアン・ミッチェル死去

イアンを忍びながら、大好きだったデレク・ロングミュアーの最近の写真をみつけて見てみると、頭髪は薄くなっているというのに、やっぱりどういうわけか見入ってしまうほど大好きだった想いが、また沸き起こってくるものなんですね。 ニューヨーク地裁に提出された訴状などによると、同グループは世界中で少なくとも7000万枚のアルバムセールスがあったにも関わらず、社が過去25年余りの間に支払った印税は25万4000ドル(約3000万円)だったという。 2020年9月1日、イアンが死去。

ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェル死去。その半生を辿る

イアン、君がいなくなってしまうのは本当に寂しいです」 北アイルランド出身のイアン・ミッチェルは、1976年、17歳の時にベーシストのアラン・ロングミュアーと後任としてバンドに加入し、エディンバラで結成されたベイ・シティ ・ローラーズ初の非スコットランド人メンバーとなった。

9

イアン・ミッチェルが62歳で亡くなったことを知り『青春に捧げるメロディー』が頭の中で流れています…

イアンとはベイ・シティ ・ローラーズだけでなく、80年代にはパッセンジャーズでも一緒に演奏した時の思い出がたくさんあります。

10

ベイシテーローラーズについて質問

『』 1976年• それで怒ったバンド側が当然のごとくパットを解雇した、というのが真相らしいです。 「」 - "I only want to be with you" のカバー。 脱退後、以前に在籍していたバンドのメンバーと再び合流し、ギターとキーボードを担当するイアンを中心にロゼッタ・ストーンを結成する。

7

ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェルが逝去。享年62歳

傘下のアリスタ・レコードの広報は、この件についてノーコメントの立場をとっている。 『独占! 『ブレイクアウト』 - Breakout '85 1985年• 2020年9月8日閲覧。

ベイ・シティ・ローラーズ

その後、ボーカルのレスリーがリード・ギターのエリックとグループ名を巡って争ったことがあった。 「イアン・ミッチェルの訃報に私たちは深く悲しんでいます。 「ウェンディや家族、友人に愛とお悔やみを送ります。

17

ベイ・シティ・ローラーズ/ロゼッタ・ストーンのイアン・ミッチェルが死去

jp 青春の1ページが無くなってしまったようで、深い悲しみが襲ってきています。

1