シネイド オコナー。 シネイド・オコナー

シネイド・オコナーがイスラム教に改宗 アイルランドの歌姫の過激で苦難の半生

ここ数年のオコナーは精神的に不安定で、2016年にはイリノイ州で行方不明となった末に警察に発見され、2017年には自殺をほのめかすビデオをフェイスブックに投稿、その後『Dr. ちなみに「the lion and the cobra」はのに現れる言葉で悪魔の隠喩である。

7

シネイド・オコナー、ヘルスケアワーカーを目指す

このラインナップを見るだけで、ジャンルや時代を超越したディランの影響ぶりがうかがい知れる。 でも、芸能界にいる私たちのような人間が、実際に話し始めるのが大事だと思うの」. デビュー当時からの過激な言動も相変わらずであり、例えばアメリカのツアー会場で習慣となっていたコンサート前のを拒否して騒がれた。 新型コロナウイルスのせいじゃないわ。

シネイド・オコナー

問題の温床となっていたマグダレン修道院はかつて世界中に点在していたがその数は減少し、1996年には最後の1つとなったダブリンが閉鎖された。

6

シネイド・オコナーが6年ぶりの北米ツアーを発表

にもかかわらず、修道院という宗教的な閉鎖空間のせいで、それらが世間の明るみに出ることはなかった。 でも結局、私は怖くてできなかったの」 「以来、誰かを放っておくことはしないって思った。 その後は父親に引き取られるも、今度は非行を繰り返してローマ・カトリックの厳格な更生施設、マグダレン修道院に送られてしまう。

5

シネイド・オコナー

シネイド・オコナーはツイッターでツアー日程を2021年から2022年に延期したことで治療を始められると述べている。

16

【35位】シネイド・オコナーの1曲―「虚無へのベル・カント」、癒えない哀しみの上に堂々と|光文社新書

別のトークショーでは、実の母親から精神的、肉体的な虐待を受けていたと話しており、昨年名前をマグダ・ダヴィットに変えたのも、親の呪いから解き放たれたかったからと説明していた(米公共ラジオ網)。 swiper-pagination-progressbar,. 忘れてはならないのは、当曲の共同プロデューサーがネリー・フーパーだったこと。 改宗したばかりの現段階において、彼女はプライバシーの尊重を望んでおり、精神的な満足感に集中したいとのことです」 オコナーが精神的な問題を抱えていたのは周知の事実で、2007年には、4年にわたり双極性障害と診断されていた事をテレビ番組で明かしている他、去年の9月には、フェイスブックに投稿したビデオの中で、自分には自殺願望があり、ニュージャージーのトラベロッジ(ホテルチェーン)に一人で住んでいたと語っていました。

衝撃的な死から2年、プリンスの「あの名曲」の秘密が明らかに

「私はたくさんのトラウマと中毒を抱えて大きくなったの」と彼女は続けている。 プリンスは「哀しみ」に浸った。

9