あけぼの ば し 自立 研修 センター。 「連れ去り、監禁、脱走」...。ひきこもりの支援と称し、テレビ番組にも出演していた団体の実態とは?

あけぼの|広島県立障害者 リハビリテーションセンター(リハセンター)

(写真)あけぼのばし自立研修センターが入るビル=東京都新宿区 息子の後日談によると、屈強な数人の男性がやってきて4時間の押し問答の末、断りきれずに車に乗りました。 リアライズも青少年の就労支援を手掛けていたが、クリアアンサーに連鎖した。

19

山梨県/あけぼの医療福祉センター

11月29日付で、「重要なお知らせ」という文書が当時の両社代表取締役の連名で発信され、依頼主である研修生の親や家族に対し、研修生を実家や元の居住地へ返すことになったため、「12月2日17時までに」迎えに来るよう求めていた。 その後、指定管理者制度への移行や障害者自立支援法における新事業体系移行を契機に、平成19年4月に広島県立障害者リハビリテーションセンター「あけぼの」と名称変更し、障害者支援施設として新たに運営を開始しました。

11

[B! ひきこもり] ひきこもり支援うたう引き出し業者「あけぼのばし自立研修センター」関連2社が倒産(加藤順子)

初めに携帯、財布、免許証などはすべて没収され「逃げられない状況」にされたといいます。

1

「あけぼのばし自立研修センター」経営会社が破産 入所者とのトラブルが表面化

自立支援などは何もしていないのだからと。 同施設を運営する企業「クリアアンサー」は本紙の取材に期日までに回答しませんでした。 弁護士とつながり、家族も実態を知りました。

ひきこもり支援うたう引き出し業者「あけぼのばし自立研修センター」関連2社が倒産(加藤順子)

わらをもつかむ思いで電話をすると「症状は重い」という職員。 取材班 (写真)あけぼのばし自立研修センターのホームページ 暴力的な連れ出し、施設内での監視、監禁、就労の強要、数百万円もの研修費の請求…。

12

「連れ去り、監禁、脱走」...。ひきこもりの支援と称し、テレビ番組にも出演していた団体の実態とは?

2017年には、だまされて施設に連れていかれたとして、当時20代の女性が同種の施設(現在は閉鎖)を提訴している。 もし貴方が、当該センターに相談をご検討なさっておられるのなら、その辺を考慮に入れ、是非慎重に。

9