キャブピリン 配合 錠。 キャブピリン配合錠の特徴は?【3つの懸念と合わせて解説!】|KusuriPro

アスピリン/ボノプラザンフマル酸塩配合錠「キャブピリン®配合錠」の日本における製造販売承認について

アスピリンは血管拡張作用を有する腎プロスタグランジンの生合成、遊離を抑制し、血圧を上昇させることが考えられている。

19

キャブピリン配合錠(武田薬品工業株式会社)

ボノプラザンの薬物動態試験成績[12](タケキャブ錠2014年12月26日承認:CTD 2. ボノプラザンの臨床試験成績[6](タケキャブ錠2014年12月26日承認:CTD 2. もう誰もが知っている副作用ですね。 止血には、 血小板が関わる一次止血と、 凝固因子が関わる二次止血があります。 副作用 0. クラリスロマイシンとの併用によりボノプラザンの血中濃度が上昇したとの報告がある。

18

キャブピリン配合錠の特徴は?【3つの懸念と合わせて解説!】|KusuriPro

2). 過敏症:(頻度不明)発疹、蕁麻疹。

14

医療用医薬品 : キャブピリン (キャブピリン配合錠)

1.4参照〕。 プロスタグランジンの阻害により、胃粘膜防御能が破綻するからです。 アスピリンは優れた抗血小板作用を有する一方で、胃・十二指腸潰瘍を惹起する欠点も指摘されている。

14

キャブピリン配合錠

アルコール [、参照] 消化管出血が増強されるおそれがある。 詳細については、をご覧ください。 私たちはキャブピリンを通して患者さんの服薬アドヒアランス向上に寄与し、低用量アスピリン投与時の副作用である胃潰瘍・十二指腸潰瘍の再発リスクの軽減に貢献していきます」と述べています。

4

アスピリン/ボノプラザンフマル酸塩配合錠「キャブピリン®配合錠」の日本における製造販売承認について|ニュースリリース|大塚製薬

(その他の注意) 15. プロスタグランジンD 2、トロンボキサンA 2受容体拮抗剤 ラマトロバン セラトロダスト ヒト血漿蛋白結合に対する相互作用の検討( in vitro)において、アスピリンにより左記薬剤の非結合型分率が上昇することがある。

13

キャブピリン配合錠の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

また武田薬品は、炎症性腸疾患、酸関連疾患、消化管運動障害など、アンメット・メディカル・ニーズの高い消化器系疾患領域をリードする企業でもあります。

10