新 坊 治郎 文春。 辛坊治郎さん「自己責任論には反論できない」「お金は払わない」「再チャレンジする気持ちも」文春と新潮にコメント

辛坊治郎、パワハラ報道に反論 「某国の陰謀があると睨んでいる」などと連投: J

新潮は4時間にわたる独占インタビューである。 壁には両手で囲むときもあれば片手の時もありました。

18

辛坊治郎氏の「壁ドン」報道 楠田枝里子「女性だから」発言で物議

大学は1年浪人して早稲田大学法学部へ進学。 しかし、そうした大事な話を玄関でするのもどうかと思いますが、『週刊文春』の取材に対し日テレ広報部は、女性プロデューサーは『代休』との説明をしていることから、今のところパワハラとは認定していないようです」(前出・週刊誌記者) 2013年に小型ヨットで太平洋横断中にトラブルに遭遇し、ヨットを放棄して海上自衛隊に救出された辛坊氏。 辛坊さんの人柄をよく知るであろう、Twitterアカウントの持ち主である構成作家• その後、話は凌星光氏の出演をめぐっての話になり、女性たちと論破が繰り返されたようです。

8

辛坊治郎パワハラ疑惑で坂上忍、木村太郎がトンデモ擁護連発!「責任感あったら、コンプラ行かない」と被害女性を非難も|LITERA/リテラ

こちらによると・・ 日テレの社員プロデューサーに「いつでも飛ばせる!」と言ったというのは、 完全なウソだということです! そんな事は言わないということが信条だとも言っていますね。 しかも社内報告書によると10分から15分ほど、壁ドンパワハラ?行為は続いたそうです。 >>> このようなことから考えて、日テレ側の新たな主張などがない限り、今後、辛坊さんの番組降板などはない可能性が高いです! 辛坊治郎のパワハラ問題の訴訟や裁判 辛坊治郎さんのパワハラ報道は、女性社員との口論や手をついたという事実はあったとのことですが、週刊文春が報じるような「パワハラ」という状態ではない可能性が高いよう。

1

辛坊治郎さん「自己責任論には反論できない」「お金は払わない」「再チャレンジする気持ちも」文春と新潮にコメント

(キャスター) - 1990年4月 - 1997年3月• 辛坊治郎の「ニュース食い倒れ! プロデューサーの鍋谷直輝さんの作ったアカウントですが、辛坊治郎さんご本人も上記のように、たびたびこちらのアカウントでつぶやいています。 在学時に、テレビでメキシコ映画『ぼくの心はバイオリン』を視聴中に停電して結末までの15分を観ることができなかったため、放送局のに結末を電話でたずねると親切に教えてもらったことに感激し、将来は放送局で働こうと決心した。

12

辛坊治郎のパワハラ相手の日テレ女性PDは誰?名前や顔画像を調査!

辛坊氏が司会進行を務める『深層NEWS』(BS日テレ系)放送後のことだった。 となれば他の番組で感情論のみでモノを言うような人をキャスターとして使い続けたいか、という話になる。 日テレの女性社員と口論をしたこと については、 週刊文春の表現の仕方とは異なるようですが、事実を認めているんです。

20

辛坊治郎のパワハラ相手の日テレ女性PDは誰?名前や顔画像を調査!

。 記事に掲載したとおり、辛坊氏と日本テレビは事実関係を認めており、記事の内容については十分自信を持っております」 (J-CASTニュース編集部 野口博之). 『辛坊訓 日々のニュースは教訓の宝庫』、2012年11月17日。 さらにフライデーの取材によれば、番組を企画制作し放送するBS日テレ、女性プロデューサーが所属する日本テレビは、 「辛坊氏や現場にいたC氏に対して、会社としての公式な聞き取り調査は行っていない」といい、それにも関わらず局側は、記事が出た後の1月中旬に辛坊治郎さんの番組降板を決定したそうです。

20

パワハラ報道で辛坊治郎は今後番組降板も?裁判・訴訟の可能性を調査!

』ワニ・プラス、2013年6月27日。 しかし、同年8月に、翌9月末で読売テレビを退職して10月からシンクタンクの研究員になる旨が報道され 、各新聞社の後追い報道にて、同局の福利厚生制度の制度変更により、企業年金の受取り額が変わる前に退職の意向を強調し、報道通り9月末付にて同局を退職。

7