東武 百貨店 宇都宮。 東武宇都宮百貨店

知る人ぞ知る「東武の宇都宮線」その奥深い世界

企業ロゴ入り商品を小ロットから制作可能です。 浅草や池袋といった東京都心からはかなり離れているし、東武宇都宮線はかなり地味な路線といっていい。 6月1日 - 定休日を毎週水曜日に• 沿革 [ ]• 「市役所前」停留所がある。

18

知る人ぞ知る「東武の宇都宮線」その奥深い世界

(昭和61年)• 日光線の新栃木駅から分かれて宇都宮の中心市街地を目指す東武宇都宮線の終着駅。

9

茶房 紗綾さや 東武宇都宮百貨店

5月27日 - 宇都宮商工会議所で創立総会を開催• 親会社の鉄道路線・のみならず、「宇都宮東武」行きのバスが県内各地から走ることで広範囲からの集客を支えており、を大いに発揮している。

15

知る人ぞ知る「東武の宇都宮線」その奥深い世界

4km(徒歩17分)程度、今市市街から数百m離れた今市バイパス沿いに立地する郊外型店舗であった。 4月7日 - 6階屋上に観覧車やモノレールなどを備えた屋上遊園施設オープン• かつては9階 - 13階部分に系列のを併設していた(-)ほか、にはビルの5階に(東武ボウル/1977年閉鎖、イベントプラザに改装)や CRT の、室内遊園地「メキシ館」や「アメリ館」などがあった。 現在、栃木県内でを取り扱う加盟の百貨店は、同店のみである。

4

茶房 紗綾さや 東武宇都宮百貨店

当初は正面に50台分、西側に150台の駐車場設置• 大田原店 [ ] であった建物を改装した市役所に出店 栃木市役所店(開業当初は「栃木店」)は、栃木県万町9番地25(1階)にある。 10月17日 - 鹿沼市物流センター30番地に当店の物流センターをオープン• 2月1日 - 東武ランドのうち5階屋内のメキシ館を閉鎖• 幸せなお菓子に囲まれて働いてみませんか。

東武宇都宮百貨店

脚注 [ ] []• 「宇都宮東武ビル」増築(新館)完成(売場面積合計/13,470m 2)• (昭和37年)3月1日 - 子会社の東栄産業を設立し駐車場業務を委託•。 3月 - 全館リフレッシュにより5階メキシ館跡に玩具売場を移動• 駅ビルの中の櫛形ホームから次々に列車が出ていく様子はまさにザ・ターミナル。

20

宇都宮東武店

関連項目 [ ]• - ギフトサロン今市店、閉店• 百貨店の2階部分に設けられた東武宇都宮駅のホーム。 そのため同店では「食とギフトのスペシャリティストア」というキャッチコピーが掲げられている。 百貨店もそうですし、駅を出ると目の前にオリオン通りという大きなアーケード商店街がありまして、宇都宮のにぎわいの中心でもあるんです。

3

知る人ぞ知る「東武の宇都宮線」その奥深い世界

エリアで探す• (昭和46年)• (昭和32年)10月1日 - 宇都宮市一条町1,163番地の東野鉄道会議室にて第1回発起人会を開催 出席者は発起人の井上隆根、河合長一郎(初代社長)、矢野政男(東野鉄道社長で当店の初代会長)、矢野登(初代専務)、山崎順蔵、福田富次郎、小林正郎(3代目社長)の7人。 などのからも近い。 5月1日 - ホテル部門を東武ホテルへ移管• 4月1日 - 住所が現在の宮園町5番4号となる• (平成14年)9月6日 - 大田原店を開店(売場面積/12,248m 2)• 売上高で上野百貨店を抜き地域一番店• (昭和49年) - 売上高100億円達成• 宇都宮市民より「東武宇都宮駅を民衆駅とし、百貨店を含む総合駅ビルとして欲しい」という声 を受けて、6月、が当時建設中だった「宇都宮東武ビル」(の)に出店する百貨店の運営会社として設立され、翌年11月に「東武宇都宮百貨店」(現在の「本店(宇都宮店)」)を開店した。

1

知る人ぞ知る「東武の宇都宮線」その奥深い世界

5月20日 - ビアガーデンの面積を拡充し330m 2 400席に• 付近に関東自動車「七本桜」、「七本桜入口」バス停留所があった。 5月22日 - 大田原市末広3丁目に「大田原ギフトショップ」オープン• 7月13日 - 6階屋上の100m 2に「アルプスビアガーデン」をオープン(翌年からは5月~8月末日までの営業)• (昭和45年)6月 - 東武鉄道の援助の下、500台収容の立体駐車場と50レーンのボウリング場を備えた第一期工事(パーキングビル新築)および、駅乗降階段移設および中央会談撤去し売場拡張工事着工• 東武宇都宮駅のホーム上の5階屋内2000m 2メキシ館、6階屋上4000m 2のアメリ館で構成される「東武ランド」オープン• JR宇都宮駅に対して地味だとか、そういうことを言われる筋合いではないのである。

18