漫画 bank 嘘喰い。 『嘘喰い』とは何だったのか

『嘘喰い』とは何だったのか

1番の見どころは、テロリストの佐田国の手札を見ながらカードを引く貘の姿です。

17

漫画「嘘喰い」の最終回のネタバレと感想!無料で読む方法も

実は今までのギャンブルすべてが、蒼田絵子のために貘が決意した、ある大きな目的の布石。

『嘘喰い』5分でわかるあらすじ!ギャンブル名勝負を厳選して解説!【最終49巻まで、ネタバレあり】

かつて二人が出会った古本屋にて、密輸船を脱出し記憶を失くしたままの蜂名は嘘喰いと再会。 『嘘喰い』の魅力を名勝負と共にネタバレ解説!矛盾遊戯【34巻〜】 出典:『嘘喰い』34巻 賭郎を狙う組織、アイデアルのトップであるビンセント・ラロVS賭郎を束ねる切間VS貘という三竦みの戦いが起こります。 直後アイデアルの介入により、得たもの全てを賭けた「業の櫓」(ごうのやぐら)勝負を行わざるを得なくなるが、帝国タワーを舞台とするこの対決に、左目に重傷を負いながらも勝利。

5

漫画「嘘喰い」の最終回のネタバレと感想!無料で読む方法も

冷静沈着で面倒見のいい性格をしており、伽羅やマルコとは敵対しつつも友人となる。 鮫丸のマンションカジノにおいて梶の依頼を受け立会人として登場する。

2

漫画「嘘喰い」の最終回のネタバレと感想!無料で読む方法も

密葬課の元締め。 命がかかっているので、相手を出し抜くことにお互い全力です。 その出自は中国の黒孩子。

10

漫画「嘘喰い」の最終回のネタバレと感想!無料で読む方法も

その後、日本人名を名乗り、密葬課の課員になっていた経緯は不明。

3