四国 梅雨入り。 四国の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

四国地方が梅雨入り 平年より5日早く|愛媛新聞ONLINE

中国地方の梅雨入りの平年時期は6月7日頃となっているので、梅雨入り前に旅行に行かれる際は5月末頃までに行かれると良いかもしれません。 そして20~29日だったのは9回で14%、30~39日だったのは16回で24%、40~49日だったのは26回で39%、50~59日だったのは12回で18%となっており、四国地方では梅雨期間が40~49日だった年が最も多いことがわかります。

2020年の梅雨入り、梅雨明けはいつ?関東、関西、沖縄など地域ごとに傾向を解説

降雨量によって決められる基準は特にないようです。 これは梅雨明けが一番早かった年でもあります。 (平均値) 地 方 種 別 予想日 中 国 山口県を除く 梅雨入り 6月 7日ごろ 梅雨明け 7月21日ごろ 四 国 梅雨入り 6月 5日ごろ 梅雨明け 7月18日ごろ 「平年値」は、過去30年間(1981年から2010年)の梅雨入り、梅雨明けの平均の日付です。

18

気象庁|令和2年の梅雨入りと梅雨明け(速報値)

5 167 1983 6月12日ごろ 7月24日ごろ 181. 後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、この情報で発表した期日が変更となる場合があります。

16

【2021年】四国地方の梅雨入り・梅雨明け時期を徹底予想!

また、梅雨明け後の盛夏期に必要な農業用の水等を蓄える重要な時期でもあります。

7

四国地方 梅雨入り間近か!? 最新の1か月予報(2020年5月28日)|BIGLOBEニュース

過去68年間で梅雨期間が30日以内だった年は7回ありましたが、梅雨期間が40日前後となっている近年と比べると、とても珍しいと言ってもよいかもしれませんね。 なお、5月に梅雨入りするのは、2013年以来7年ぶりのことです。 気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、中国地方の最も早い梅雨入りは2011年の5月21日、最も遅い梅雨入りは、1968の6月24日でした。

四国地方が梅雨入り 平年より5日早く|愛媛新聞ONLINE

四国地方の梅雨期間の傾向は? 四国地方の気候は、愛媛側(瀬戸内海)と高知側(太平洋)では違ってきます。 0 102 1984 6月 8日ごろ 7月14日ごろ 226. 平年より5日早く、1951年の統計開始以降、最も遅かった昨年より26日早い。

【四国の梅雨入り予想】2020年はいつ?平年との比較【気象予報士が解説】

ということで、 高松気象台が発表する四国の梅雨入りはこちら。 中国地方の2021年の梅雨明け時期を予想! 有名な観光スポットもさることながら、「死ぬまでに一度は行きたい世界の絶景」として知られている、山口県の角島大橋や、ダイビングスポットの青海島など美しい景色や海も魅力的な中国地方。

17

四国 梅雨入り 昨年より26日早い(2020年5月31日)|BIGLOBEニュース

3 155 1962 6月 2日ごろ 7月19日ごろ 383. 旅行計画を立てる際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。 中国地方の2021年の梅雨期間の傾向は? 実は内陸部は緯度の割に寒冷という特徴を持つ中国地方。 5月下旬~6月にかけては梅雨前線の活動が活発で大雨になる日もあるでしょう。