キャリー 映画。 キャリー : 作品情報

映画『キャリー(2013)』感想評価まとめ【ネタバレ注意】

そして、運悪く天井からオチてきたバケツがトミーの頭にあたり死んでしまいます。 だがカップル投票で1位に選ばれ、幸せの絶頂で舞台に立ったのち、 映画界に残る伝説の名シーン・ 血塗れキャリーになった後は、気弱な少女でも先ほどまで笑っていたシンレデラでもない、 普通の人間とも違う"何か"になり、自分に優しく接してくれていたコリンズ先生やトミーも含め、その場にいた全員を焼き殺すという鬼畜っぷりを披露。 リサ(ミーナ・スヴァーリ) レイチェルの親友。

19

【ネタバレ&内容】ホラー映画『キャリー (2013)』絶対にお前達を許さない!内気な少女の覚醒物語。スティーブン・キング原作の映画化

2013年10月18日閲覧。 映像の見せ方、音楽の使い方、そして無駄がなく不要なシーンもないといえる完璧な脚本。 ノーマ・ワトソン - ()• 人間味があるのは今作でした、前作は淡々と人を殺していきましたが今作では怒り狂ってという感じでした。

5

キャリー (2013年の映画)

嫌気がさしたクリスは走り込みをやめ、プロムをふいにした。

レイピストに強烈な鉄槌を下す!キャリー・マリガン主演の復讐映画『プロミッシング・ヤング・ウーマン』

汗・・・ その後、反抗的なキャリーを部屋に閉じ込めます。 その後、キャリーは逃げるイジメっ子クリスを追い詰め、抹殺。

19

映画『キャリー(2013)』感想評価まとめ【ネタバレ注意】

状況が掴めないキャリーの後ろのスクリーンにはプールでのシーンが流れていました。 やがて、学校の人気者トミーとプロムパーティに参加することになり、母親の反対を押し切ってパーティにでかけたキャリーだったが……。 イジメっ子クリス『どうしてあんなクソキャリーのために私達が辛いバツを受けないといけないの?』 反抗的なイジメっ子クリスは罰を放棄し、先生に暴言を吐きます。

18

レイピストに強烈な鉄槌を下す!キャリー・マリガン主演の復讐映画『プロミッシング・ヤング・ウーマン』

関連項目 [ ]• 性の知識の無さから来る奇怪な行動や気弱な性格から、クラスメイトの女子からいつもイジメられていたキャリー。

3

【映画】キャリー(2013) あらすじからネタバレ考察ラスト解説。女優は?名作をリメイク

キャリーのクラスメートの美人スーは、かつてイジメっ子クリスと共にキャリーをイジメていましたが、今はとても後悔しています。 それと対照的に1976年版より怖さを増したのがキャリーのお母さんです。

11

キャリー

喜びと不安の気持ちが入り混じる彼女を、トミーは優しく励ます。 解説 スティーブン・キングの小説を原作に、超能力をもった少女キャリーが引き起こす惨劇を描いた青春オカルトホラー。

7