コロナ やらせ。 陰謀論としての新型コロナウイルス世界蔓延(田中良紹)

コロナの第二波はいつ頃来る?このやばい予言をあなたは信じる?

仕込みを使えば、いつ当たるかわからない通行人ガシャを繰り返さなくても、 理想の画がはした金で確実に手に入るわけですね。 新型コロナウイルスとの戦いは「国民の命を守るための戦い」であるから誰もそれに反対できない。 あるいは 治りにくい。

7

やらせ、実名報道、メディアスクラム。なぜマスコミは「マスゴミ」と呼ばれるのか?改めて考えてみた【連載】中川淳一郎の令和ネット漂流記(9)|FINDERS

彼女は番組の中で、一緒に出ていた小林快氏が、自分の大切にしているプロレスのコスチュームを洗濯して、縮まってしまったことを詰 なじ り、彼のキャップを叩き落とした。

1

医者の僕でも、コロナウイルスをナメていたが、間違っていた。

スポーツ紙をはじめとした多くのメディアは、ジャニーズ事務所の側につき「キムタク以外全員退所!」などと、木村拓哉以外の4人が恩義ある事務所に対してワガママをしている、といった論調で書いた。

1

コロナの第二波はいつ頃来る?このやばい予言をあなたは信じる?

我慢しろ」で大騒ぎだ。

1

www.brusselsgolfclub.com : 俳優イドリス・エルバさん、新型コロナ感染の「やらせ疑惑」に反論

文春は、この番組は「やらせ」オンパレードだったと告発している。 彼は、「ワクチンで人口を減らせる」と言っていたから。 危機を捉えて大衆操作の実験を行っているのではと考えてしまうのだ。

コロナ禍、マスコミは煽りレベルではなく「やらせ」事実が暴露されだした。

ニュースに使われている役者は防護服を着てますが、カメラマンや他のスタッフは普段着です。 ) ベラルーシの事件は政治的な意図が 市民の健康を脅かす手段に使われている という驚異的が事実を暴露したのです。

新型コロナでアマゾンの「やらせレビュー」自粛、中国首謀者が告白:日経ビジネス電子版

歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 けなしけなされ25年。 そこから何か得るものがあるとは思えない」と語った。

5

医者の僕でも、コロナウイルスをナメていたが、間違っていた。

なんと、支配層の配下のIMFが、 ベラルーシの大統領である アレクサンドル・ルカシェンコ大統領に 対して、10億ドルもの資金を融資する かわりに、イタリアでのような パンデミックを「偽造」するように 指示をした事が発覚したのです。