週刊 ポスト 記事。 その軽さと分かりやすさを憂う~『週刊ポスト』の”嫌韓”記事をめぐって(江川紹子)

週刊ポスト、「韓国なんて要らない」特集で謝罪 「10人に1人は治療が必要」が物議、有名作家も多数批判: J

食環境衛生研究所マーケティング部の丸橋大志氏が指摘する。 また、同誌が筋金入りの「ヘイト雑誌」に移行しようという「覚悟」があるなら、断固突っ張るだろう。 すでに原稿を渡してある分については掲載されると思いますが、以降は、深沢潮は、抜けさせていただきます。

3

週刊ポストの「嫌韓ヘイト」はどこが問題なのか 「国民感情」を煽っているのはだれか

「安達祐実似のウェブデザイナー」として報じられた彼女は、きれいなストレートの髪が印象的な美女だった。 6ppmまで認めている。

週刊ポスト、「韓国なんて要らない」特集で謝罪 「10人に1人は治療が必要」が物議、有名作家も多数批判: J

なかでも、8月9日号では〈韓国が繰り出す「嘘」「誇張」「妄想」を完全論破する「日本人の正論」50〉なるヘイト本を記事にしたような特集をおこなっていた。 あおるようなインタビューばっかり見せて」と怒ったというエピソードだ。 「ヘイト」「差別」だという批判を浴びて同誌が謝罪した大きな要因のひとつは、こちらの記事と見出しでもあった。

20

その軽さと分かりやすさを憂う~『週刊ポスト』の”嫌韓”記事をめぐって(江川紹子)

特に拡散されて話題になったのは以下のようなものだ。 アメリカの違反が49件、食器類を外しと48件で中国の違反件数より多い。 見出しは「韓国特集『配慮欠いた』」で、記事本文には、「お詫び」「陳謝」などの言葉は出てこない。

15

その軽さと分かりやすさを憂う~『週刊ポスト』の”嫌韓”記事をめぐって(江川紹子)

また、社説で「週刊ポストの特集 嫌韓におもねるさもしさ」と批判を展開したのは毎日新聞(4日付)だ。 日本の言論市場は、まだその動きに対して批判が起こるようなバランスを保持している。 登録の際は配信が終了している場合もあるので必ずFODプレミアムの公式ホームページにてご確認ください。

その軽さと分かりやすさを憂う~『週刊ポスト』の”嫌韓”記事をめぐって(江川紹子)

ひとつ変わったのは欄外の説明文が「この連載は~の作家5人によるリレー連載です。

13

週刊ポストが「韓国なんて要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」

幻冬舎に続いて二つ目。 今の日本社会の空気がこのまま高じていくと、あるいは今回の『週刊ポスト』に対して起きたような批判が「非国民」と指弾されて排除されるような状況に陥りかねないのだが、幸いなことにまだそこまでは至っていない。

16